シーセフとは?

公益財団法人CIESFはカンボジアをはじめとした途上国の未来を支援する、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。「国境なき教師団」でカンボジアの教育をサポートし、教育の基盤に力を入れています。さらに、起業家の育成、産業人材の育成も積極的に行っており、教育支援の「本質」を考えながら活動しています。

シーセフの活動内容

​シーセフの行う支援事業は、ただ建物や物資を支援するという方法ではなく、

教育や国の未来を整える支援を行っています。その主な活動内容を詳しくご紹介します。

教師派遣事業

「国境なき教師団」

カンボジアには、既に支援によって建てられた学校をはじめとする様々な施設が数多く存在します。ですが、その中で行われる教育は日本のようなカリキュラムが組まれることもなく基礎のないまま教科書を暗記したり、先生自体が教育に関しての知識が薄いなど、多くの問題を抱えていました。そこでシーセフはカンボジアの教員養成校に日本人のベテラン教師を「教育アドバイザー」として派遣しました。「国境なき教師団」の役割は教員養成校の学生ではなく、教官をサポートすることです。まずはカンボジア人教師の能力を向上させることにより、カンボジア人の子供たちが質の高い授業を受けられるようになります。

教育行政の改善

国境なき教師団の活躍により現場の教育の質は少しづつ向上していますが、それだけでは解決できない問題があります。それが国の教育制度・教育政策の問題です。教育省自体が教育行政や制度について学ぶ機会がないので教科書やカリキュラムの策定に問題があり、そこから教育の質の低下に繋がり悪循環を招いていました。この現状を踏まえてシーセフは、カンボジアの教育省と共同で2012年に「教育政策大学院大学」を設立しました。教育省の職員が2年間でしっかりと他国の教育行政に関する基礎を学ぶことで、カンボジアの教育行政を引率するリーダーの育成に繋がっていきます。

起業家育成事業

カンボジアでは、カンボジア資本の企業が少なく、起業してもすぐ倒産してしまい持続することが困難な現状に対し、シーセフは「ビジネスモデルコンテスト」を開催し、企業のノウハウを学んだり、自分たちのビジネスモデルを実践する研修会や、実際に現役のビジネスマンと交流する場を提供しています。カンボジアの国民平均年齢が約24歳と若く、彼らの企業家精神を培い多くの仕事を作り出すことを促しています。ミャンマーでも同じく、ミャンマーコンピューター協会と共催のITビジネスモデルコンテストと、ミャンマー商工会議所と共催のビジネスモデルコンテストを開催しています。

産業人材育成事業

カンボジアに進出する日系企業が増え、現地採用で活躍できる人材の需要が高まっていることから、日本語と日本文化、そして就職に役立つビジネスマナーを教える学校「CIESF Business Training Center(CBTC)」を創設しました(〜2019年3月まで)。他にも、スバイリエン大学に日系企業への就職を目指す学生を対象とした日本語コースを新設しました。さらに2018年1月よりIT人材の育成にも力を入れています。カンボジアの郵電省情報通信技術研修所(NIPTICT)と共に今後4年をかけて日本にある情報処理技術者試験の内3種類(ITパスポート・基礎技術者・応用技術者)の試験と類似に試験をカンボジアに導入しようとする試みです。

​一貫校設立事業

CIESF Leaders Academy(シーセフ リーダーズ アカデミー)は、「地球益を目指す、志をもったリーダーの育成」を目指す幼・小・中学部一貫校です。カンボジア教育省の協力のもと、NGO(非政府組織)として認可を受けているシーセフが2016年から授業料無償で運営し、今後1年づつ学年を設立していきます。日本のカリキュラムを参考に取り入れ、最先端の教育を提供し、国や世界のリーダーとなっていく子供たちを育みます。将来的には日本の高校・大学への留学の機会を創出し、日本の学生や教育への架け橋となります。

​一人ひとりが出来ること

シーセフの活動以外にも、私たち一人ひとりができる活動があります。

私たちNEOTOKIOはライブハウスという場所を活かし、チャリティーイベントの開催や寄附機能付き自動販売機の設置を試みていきます。

NEOTOKIOはCIESFの活動を応援しています。

Vending machine

​project

​ヘッドパワーの自動販売機で

1本購入していただくごとに

_%をCIESFに募金しています。

© 2020 by Neo Tokio Group